携帯の買取の仕組みを理解しよう

携帯の買取は、新しい機能を使うため定期的に買い換えている端末を有効的に利用する方法です。古くなったとはいえ、買い替えた端末は全く使えなくなったわけではありませんし、カバーなどを付けて綺麗に使っていれば、新品にも近い状態で売ることが出来ます。そうやって端末のリサイクルが行われていけば、購入時に何万円もした端末を、無駄にしないということで環境にも優しいことです。ここで心配になるのは、個人情報が入っていた端末を業者に渡して良いものかということです。その不安を払拭するためには、どのように携帯の買取が行われているのか、その仕組について理解する必要があります。もし仕組みを理解したうえで、何か問題があるのであれば、売る前に何らかの対策をしていく事が必要です。

使われなくなったものに価値を見つける

端末の機種変をするときに、何万円もする代金を支払うことになります。それで古い機種は携帯の買取をしている業者に売ることで、経済的な負担を軽くすることが出来ます。では業者はどのようにして利益を出すのかというと、買い取った端末をそのまま中古品として販売することがまずひとつめの活用法です。新品だと高いから、一世代前、二世代前の製品でも、十分使えるからと中古品を購入したいというユーザーは大勢いるのです。とくに人気のあるメーカー、ブランドであれば他社の新品よりも高値で売買されいますから、業者としても大量に扱いたい品物です。では人気ではない、古すぎる、故障や傷などの難あり品であった場合にはどうなるのかというと、やはり中古として売ることもありますが、使われている部品を選別して別の業者に売るのです。基盤などには金や銀などの貴金属が使われていますから、多くの部品を集めればそれなりの金額となります。

どのような商品だと買い取ってもらえないのか

いわゆるガラケーやスマホは、大抵のものを買い取ってもらう事ができます。ただ中古品販売を専門としている業者によっては製造してから一定期間経過したものだと、OSのアップデートが出来なかったりして中古品として売るのが難しいので拒否されてしまいます。それから水没したものや、一部が壊れている、自分で改造しているというように購入時の状態とは著しく異なるときにも拒否されてしまいます。あと端末自身には傷や故障などはなくても、購入時に代金の分割払いを選択している場合、残債があるときには取り扱ってはもらえないことがあります。残債の有無は、ネットワーク利用制限がかかっているのかどうかで調べることが可能です。買い取って貰える場合には、業者は最後まで完済する事を条件として受け付けます。